オフィシャルサイトリンク

パレット オフィシャルサイトへ

2017年6月18日日曜日

萬年筆の新聞広告に、ちょっと感動

何気ない新聞広告やテレビコマーシャルに、感動や感心することがよくある。一瞬通り過ぎていくようなものだが、そこに得心させるものがある。だから、いつも注意して見ている気がする。もともとテレビ番組より、CMが好きなのかもしれないなと、この頃思う。

話は変わるが、手作りケーキの仕事をしていて、この手作りは必要なのかと思うことがある。創業した頃、他のお店が作っていない似顔絵ケーキやキャラクターケーキを好きで作っていた。今は、どこのお店でもやっています。600円の追加料金に高い、安いという話。製作にかかる時間は、40分〜60分はかかる。手の込んだものは90分ほどかかる。人にもよるが、アルバイトの時給が900円、1000円のこの時代で、技術を持った菓子職人が30分の時間をかければ、追加料金は必要なんだが、市場ニーズと価格とあっていないと思う。つまり、手作りである必要はないと思う。

そんな結論から、パレットでは食品プリンターを導入してお客様のニーズに応えようと思う。そして、手作りであるべきところに集中しようと思うのです。時代が勢いよく変わる中で、大事にすべき点とそうでもない点は、分けて考える必要がある思うのです。合わせて、これからの時代に求められる菓子職人の付加価値についても同じと思うのです。

2017年6月10日土曜日

結婚します。

毎年、決算月の4月に退職する社員がいる。幸いなことに、退職される方は後のことを考え、ある日突然退職ということは少ない。4/1に新人が入ってきて、ちょっとなれて引き継ぎが終わる四月末退職になる。それが、当たり前で普通のことではないと思うが、パレットでは割と普通のこととなっている。


今年も一人、結婚して奈良に行く。とても頑張ってくれていた。どの場面でも全力で頑張る姿にこちらが助けられたことがたくさんあった。その人がいることで笑顔で元気になれる。


何気ない話に、家族の話がたくさん出てくる。愛情たっぷりに育ったんだと思う。小さい時、おじいちゃんにせがんで、両手を持ってブンブン回してもらっていたら、肩の関節が外れて救急病院へ行った。病院から帰ってきて、おじいちゃんがしょんぼりして何度も謝るので、笑ってしまった。

新入社員がどう育って行くのかは、いつものことながら全くわからない。会社として、できることにベストを尽くす。あとは、その人の持っている人間力なのかと思う。その人間力のベースに、家族からの愛情の量と質が決め手になるのかと、退職する社員を見ながら思った。5年という短い期間、もっと一緒に働きたかったな。感謝と幸せになってねとの願いを込めて、お疲れ様、ありがとうです。

日本一のショートケーキを作るプロジェクト

今期の経営計画に、日本一のショートケーキ作りというテーマを掲げ取り組んでいる。コンテストに応募して、勝った負けたではない。どこかの国の誰かにお墨付きをもらうでもない。ましてや芸能人に褒めてもらいたいのでもない。作り手の自己満足でもない。冷静に、緻密に、素材メーカーの協力を得て、自分たちの感性も総動員して、美味しいショートケーキを作って行くという熱き思いを持ったプロジェクトです。

思いつきのようなプロジェクトを、メーカーさんに話すとがっつり食いついてきてくれた。表からは見えないが、こうしたメーカーや業者さんの協力をいただける。例えばバターが不足するとなっても、メーカーさんは「何があってもパレットさんのバターは切らしません」と約束をしてくれる。涙が出るほどありがたく感謝している。そして、これがパレットの強みの1つと思う。


今回のプロジェクトテーマは夏のショートケーキ。製粉会社の製品企画責任者、乳業メーカーの製品開発経験のあるパレット担当の方の協力をいただいて、クリームより早く溶けるスポンジケーキを焼きあげ、そのスポンジにジャストフィットする生クリームを合わせる事に取り組んだ。いちごは、夏なので酸味が強く繊維も固い印象のイチゴを想定してポジションを合わせる。


理論で詰めていきながら試作を重ね、なんとなくのグレーな部分をなくして行く作業。根気がいるが、グレーな部分をなくして行くととてもスッキリとして強い味わいに変わって行く。グレーをなくすと強みになるのは、会社も同じ事だ。良い会社づくりが美味しいお菓子作りにつながって行く。プロジェクトを楽しみながら、こうした味わいを多くのお客様と一緒に楽しんでいただけたらと思います。そして、2週間後には秋のショートケーキの提案が予定されています。笑って心から感謝しつつ、夏のショートケーキの販売を始めます。

2017年5月5日金曜日

瑠璃も玻璃も照らせば光る

今年は、琵琶湖ホテルで経営計画発表会。いつも皇子山店のカフェでやっていたのだが、人数が増えてきたことと、少し雰囲気を変えて、さらに進行を変えてみようと思ったからです。


春の日差しでキラキラと輝く琵琶湖がとても美しかった。「瑠璃も玻璃も照らせば光る」このことわざから、琵琶湖ホテルのメイン宴会場が「瑠璃の間」だと、以前社長から聞いたことがある。瑠璃は青色の宝石、玻璃は水晶のことを言うそうです。意味は、優れたものに光を当てると多くのものに混じっていても、同じように光り輝く。今年入社の社員たちも、どんな状況でも光り輝いて欲しいなと思う。




今期の新たな取り組み「一人三役多能工制度」これは、長い連休をとって休むことができる人とできない人がいる現状を変えて行くことで、将来、育休を取る人がいてもみんなの力でカバーして行こう、言い換えればみんなで子育てして行くようなそんな会社に成長できたらとの思いです。中小企業だからこそ小さなことから積み上げて会社を少しでもよくして行こうと言う取り組みです。




縁あって、共に働く。人生の大切な時間を共に過ごす。できるならば笑顔で過ごしていきたい。経営理念「幸福の実現」を具現化していきたい。パレットで働く人を光り輝かせる会社でありたいと思う。そんな思いを文章にして、スケジュールに落とし、達成目標にした計画書。結果はともあれ、まずは納得できる一年にしたいと思います。





2017年3月26日日曜日

自動ドア無料で点検します。

支店からの電話「自動ドアを無料で点検します」と、店に突然来られた。見てもらっていいですかと言う確認だった。

「無料?無料ならいいよ」と、怪訝な対応での返答。突然の訪問者は、おもむろに自動ドア点検を始めたそうです。「今は大丈夫ですが、将来故障すると思います。今、基盤を直されるのが良いですよ。見積もりは、30万ほどになります・・・・。」との事、どう対応したら良いですか?と、スタッフから2度目の電話。

言っていることに大きな間違いはない。いつかは壊れるだろう。で、あなたは誰って聞きたいところだったが、冷静に「お断りしてください」と、言って電話を切ってから、こんな不安心理をついた押し売り営業があるのかと、妙に感心してしまった。

いつも思うことだが、飛び込み営業の方は、平気で人の時間を奪う。3分で結構です。ちょっとお話を聞きたいのですが。理由は様々、中には学生時代にいかに頑張って来たかと言う自分物語と今の仕事への熱い想いを手紙に書いて、一度お話を伺いたい。って、なんのため、誰のため?

話が面白くない。自分勝手。結局、迷惑がこの頃の営業の方に感じること。顧客の利益を考えない営業って、何十年頑張っても芽が出ないように思う。そう言う人がよく言う「こんなに頑張っているのに」頑張ってるは、自分でいうものではない、人が言う言葉。全部がずれているように思う。人の振り見て我がふり直せと、自分自信が自分勝手で横柄になっているのかなと思い、まずは心を整えようと思う。心は自分で日々メンテナンスが必要だ。


2017年3月19日日曜日

担当者が変わる

いつも取引いただいている乳業メーカーの担当者が変わって、ゆっくり話す時間がなかった。ホイップマシンの具合が悪いのと合わせて、時期は決まっていないのですがと値上げの話を持ってきた。他社が安い価格で提案してきているのも含めての話で、できることは精一杯やる。しかし、それでも価格が合わなかったら、その時は判断していただいて仕方ないと思っています。


パレットでは、一物ニ価の場合は、安い方を取ると決めている。それが自分たちのためで、お客様のためになると考えているからだ。しかし、そこには品質や条件も加わってくるからそんなに単純な話ではない。安いからとの材料選びではない。だから、この会社の製品を創業以来30年に渡り使っている。この味わいを基本にお菓子を組み立てている。

今更だが、話をしながら製品が好みに加えて、この会社の基本的な考え方があっている、納得しているのかなと思った。「何よりも安心安全が優先する」そんな言葉にその会社の辿った過去がある。そこから学び、いまも揺らぐことなく、それを大事にしている。担当者が変わっても、これは一貫している。学ぶべき点で、お付き合いいただいていることに改めて感謝です。

ありがとうって言われる仕事

20年来の友人から、スキー行かへんか?との誘い、おっちゃん集めていこか!と、意見が一致したが、結局みんな忙しく二人になった。しかし、往復5時間の車の中はずっと話しっぱなしだった。

この友人は、元々は酒屋の息子大学出て後を継いだ。しかし、時代の中で、コンビニに事業転換。店は、黒字だったが、意を決してディサービスの介護施設に転換して今日に至る。ようやく事業も軌道に乗って、子供達も独立して、ちょっと余裕が出てきたようだ。


「ありがとうって言ってもらえる仕事はいいな」何気にいう友人の言葉がずんとくる。コンビニの時は理不尽なことで、毎日その対応に追われていた。心も体もダメージを食らい疲れていた。今は、おじいちゃんやおばあちゃんと1日接していると、心が落ち着くし、ありがとうって言ってくれる。体は疲れるが、幸せな仕事や。

仕事と一言にいっても様々ある。彼は代表取締役だし、一家の大黒柱。目の前の介護の仕事だけではない。この時代の変化の中で、やるべきことを彼なりに考え努力してきたのだと思う。私が酒屋の跡取りだったら、彼のように頑張れたのか?分からない。

パレットを創業した頃、上品そうなご婦人に「いつも、美味しいケーキありがとう」と、言われたときに、自分の仕事の立ち位置が違っていることを深く反省した。お客様のことを考えていなかったし、自分勝手で、自己満足なお菓子作りだった。それでも、温かい言葉をいただく中で、私のお菓子作りは変わって行った。大津のお客様に育てていただいたと思っている。
彼の事業の話を聞きながら、その頃のことをふっと思い出した。おっさん二人の時間は、共に癒され、共に学ぶ時間になった。感謝です。